なかネットとは<その2>

2008年07月09日

前回、なかネットは「市民公益活動をする団体・個人の支援とネットワークづくりを目的にしている団体」と紹介しましたが、このような活動をする団体・組織を「中間支援組織」ともいいます。
中間支援組織は、その名の通り、行政と市民活動をする団体や地域社会の間に立って、市民活動を支援します。
ところで、NPOにしろ中間支援にしろ、これらが登場してきた背景には、社会の大きな変化が関係しています。これまで、日本では同じ土地に住んでいる人たちが小学校や商店街や消防団などをつくって、社会の運営や課題への対処をしてきました。しかし、都市化が進むにつれ、それでは間に合わなくなってきました。環境問題や少子高齢化などはとても広範囲の問題ですし、災害救助や被災者支援などは当然、その土地の外部からの協力が欠かせません。
そのような都市化が進んだ社会で、市民が主体的に社会の課題を解決する仕組みが求められるようになり、登場したのがNPOや中間支援といった存在なのです。

(つづく)  


Posted by なかネット事務局 at 00:14Comments(0)なかネットについて

なかネットとは<その1>

2008年06月19日

福島県中地域NPOネットワーク(通称:なかネット)は、
県中地域で、NPO(非営利活動組織)やボランティア、市民公益活動をする団体・個人の支援とネットワークづくりを目的にしている団体です。

なかネットは2003年3月に発足しました。1998年に「特定非営利活動促進法」が施行されたのち、2001年に「うつくしま未来博」が開催され、福島県でも市民活動が盛り上がりました。NPO法人の設立が増えだしたのもこのころです。
NPO法人は別名「特定非営利活動法人」といいます。
非営利というのは、株式会社のように利益を分配しないということです。「非収益」ではないので、活動に対して対価をもらわないとか、無報酬でなければいけない、ということではありません。組織を維持し、活動を継続するには収益を得ることも必要な場合が多々あります。
「特定」とつくのは、NPO法人は何でも屋ではなく、解決したい社会の課題や、進めていきたい社会のビジョンをはっきり持った団体であることが前提にあるからです。
NPO法人の認証を受けるために、主な活動分野を申請しますが、それは今のところ17に分けられています。
第1号 保健・医療又は福祉の増進を図る活動
第2号 社会教育の推進を図る活動
第3号 まちづくりの推進を図る活動
第4号 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
第5号 環境の保全を図る活動
第6号 災害救援活動
第7号 地域安全活動
第8号 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
第9号 国際協力の活動
第10号 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
第11号 子どもの健全育成を図る活動
第12号 情報化社会の発展を図る活動
第13号 科学技術の振興を図る活動
第14号 経済活動の活性化を図る活動
第15号 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
第16号 消費者の保護を図る活動
第17号 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
(ひとつの法人が複数の活動分野の活動を行っている場合もあります)

なかネットはNPO法人にはなっていませんが、活動分野については、最後の「前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動」に当てはまります。

(つづく)
  


Posted by なかネット事務局 at 23:10Comments(0)なかネットについて