郡山若者サポートステーション開所式(6/14)

2008年06月28日

6月14日(土)、郡山駅前のビッグアイで、不登校やニート、引きこもりの若者を支援する「こおりやま若者サポートステーション」の開所式が行われました。この施設は、福島市を拠点にフリースクールの運営を行ってきたNPO法人ビーンズふくしまが福島市につづいて国の委託を受けて開設しました。主に15歳~35歳を対象に、就職支援や職場体験を通じて自立を促す活動をします。キャリアコンサルタントや専門の心理士が個別相談にも応じます。
開所式ではサポートステーションの紹介の後、ビーンズふくしまの支援を受けて自立に向けて歩みだした若者の体験談、スタッフをまじえたトークセッション、不登校を経験した福島出身アーチストのライブ、現在フリースクールに集まる若者たちの詩のリレー朗読が行われた。  


Posted by なかネット事務局 at 01:56Comments(0)市民活動レポート

平成20年度第1回福島県広報研究会議への講師派遣(6/17)

2008年06月25日

6月17日(火)に、県庁で県と市町村の広報担当者が集まる平成20年度第1回福島県広報研究会議があり、なかネットに「アクセスされやすく使いやすいホームページについて」と「DTPについて」の2つのテーマについて講師派遣依頼がありました。
理事の岩崎大樹(NPO法人サステイナブル・コミュニティ研究所)が講師を務めました。

ウェブサイト(ホームページ)についても、バリアフリーやユニバーサルデザインの考え方と同じように、障がいの有無に関わらず等しく情報が入手できることを目的に「アクセシビリティ」の向上が求められています。とくに自治体のサイトは高い基準でのアクセシビリティが備わっている必要があります。
DTPは、広報誌作成等の経費削減や作業効率化を目的に、導入する自治体は着実に増えています。しかし、専用のソフトを扱うスキル(能力)の習得や、印刷業者との技術的コミュニケーションについて自治体ごとに条件の差が大きく、有効に活用している自治体がある一方で、まったく導入が進まない自治体があるようです。  


Posted by なかネット事務局 at 18:07Comments(0)活動報告

公益信託うつくしま基金・説明会要望、申請書チェック受付中

2008年06月23日

公益信託うつくしま基金20年度後期分の受付が7/14までとなっています。

・10/1~3/31の間で新たな活動をスタートさせたい個人、団体向けのスタートアップコースは最高10万円まで(10分の10まで助成)。
・「子育て」「環境」「地域コミュニティ再生」の分野で事業を行う予定の個人、団体向けの「県民運動枠」は最高30万円まで(10分の10まで助成)。

6/14に須賀川市で申請のための説明会が開かれましたが、県中地域で説明会を開いてほしい方、申請書のチェックを希望の方は、なかネットまでご連絡ください(TEL024-983-1157または090-2977-3208まで)。
(説明会は原則5人以上で開催いたします。なかネットの他、基金の直接の支援組織である、うつくしまNPOネットワーク TEL024-923-1119でも、ご相談、申請のチェックを受け付けています)  


Posted by なかネット事務局 at 17:09Comments(0)お知らせ

アシストパーク郡山ぐぅ・ちょく・ぱーく第7回

2008年06月23日

6月21日(土)10:00~12:00
アシストパーク郡山(郡山市市民活動サポートセンター)主催の「ぐぅ・ちょく・ぱーく」第7回が開催されました。
テーマは「環境~レジ袋削減など、身近なところから. 地球環境について情報交換しませんか~」

郡山市生活環境部生活環境課環境企画係長から、地球温暖化の現状と対策に関するスライドによるレクチャーの後、参加者同士の意見交換がありました。

参加者数9名(団体・個人合計)

<参加団体>
NPO法人福島県森の案内人
市民ボランティアサークルP-POP
湖南町公民館
NPO法人うつくしまNPOネットワーク
郡山市青年会議所
福島県中地域NPOネットワーク"なかネット"  


Posted by なかネット事務局 at 01:21Comments(0)活動報告

うつくしま基金20年度後期募集中(6/13~7/14)

2008年06月20日

公益信託うつくしま基金の20年度後期分の申請募集が始まりました。

<募集分野>
・スタートアップ支援コース後期(新設。限度額10万円)
・新"うつくしま、ふくしま。"県民運動実践コース(新設。限度額30万円)

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
公益信託うつくしま基金のサイト
  


Posted by なかネット事務局 at 09:07Comments(0)助成金情報

なかネットとは<その1>

2008年06月19日

福島県中地域NPOネットワーク(通称:なかネット)は、
県中地域で、NPO(非営利活動組織)やボランティア、市民公益活動をする団体・個人の支援とネットワークづくりを目的にしている団体です。

なかネットは2003年3月に発足しました。1998年に「特定非営利活動促進法」が施行されたのち、2001年に「うつくしま未来博」が開催され、福島県でも市民活動が盛り上がりました。NPO法人の設立が増えだしたのもこのころです。
NPO法人は別名「特定非営利活動法人」といいます。
非営利というのは、株式会社のように利益を分配しないということです。「非収益」ではないので、活動に対して対価をもらわないとか、無報酬でなければいけない、ということではありません。組織を維持し、活動を継続するには収益を得ることも必要な場合が多々あります。
「特定」とつくのは、NPO法人は何でも屋ではなく、解決したい社会の課題や、進めていきたい社会のビジョンをはっきり持った団体であることが前提にあるからです。
NPO法人の認証を受けるために、主な活動分野を申請しますが、それは今のところ17に分けられています。
第1号 保健・医療又は福祉の増進を図る活動
第2号 社会教育の推進を図る活動
第3号 まちづくりの推進を図る活動
第4号 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
第5号 環境の保全を図る活動
第6号 災害救援活動
第7号 地域安全活動
第8号 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
第9号 国際協力の活動
第10号 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
第11号 子どもの健全育成を図る活動
第12号 情報化社会の発展を図る活動
第13号 科学技術の振興を図る活動
第14号 経済活動の活性化を図る活動
第15号 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
第16号 消費者の保護を図る活動
第17号 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
(ひとつの法人が複数の活動分野の活動を行っている場合もあります)

なかネットはNPO法人にはなっていませんが、活動分野については、最後の「前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動」に当てはまります。

(つづく)
  


Posted by なかネット事務局 at 23:10Comments(0)なかネットについて